スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オカモトトゲエダシャクの幼虫?



中野区の公園のヤマグワに居たオカモトトゲエダシャク幼虫を、飼育するつもりで採集した。今年は初春に成虫を見なかったので、飼育した上で対面しようと思ったのだった・・・・が、後で調べてみたら、飼育がかなり難しいことや、無事に羽化しても来春になることを知った。その上かなりの大食漢で、採ってきたヤマグワの葉をあっという間に平らげてしまい、近所の公園などを探してもヤマグワが植わってなかったということもあり、飼育は諦めてリリースすることにした。・・・・で、2日後に石神井公園に行ったのだが、この公園でも成虫を見かけたことがあるのに、ヤマグワが見当たらない。そういえば、近所の公園にもオカモトトゲエダシャク成虫が居たはずだが、そこにもヤマグワは無かったっけ。そう思いながらリリース場所を探していたら、ツバキ類の枝に別のオカモトトゲエダシャク幼虫を見つけたので、連れてきた幼虫はここにリリースした。
その後、今回の判断が正しかったか確認するため「みんなで作る日本産蛾類図鑑」を見てみた。しかし、オカモトトゲエダシャク幼虫の食草にクワ科が含まれていない・・・・。一方で、オカモトトゲエダシャクそっくりのクワトゲエダシャクというのが居て、こちらはその名のとおりクワ科を食べる。まさか、採集した幼虫はクワトゲエダシャクだったのか?・・・と思ったが、「みんなで作る日本産蛾類図鑑」の解説を読むとクワトゲエダシャクは「ここ数十年はまともな記録がほとんど無く超珍品となってきた」と書かれていた。果たしてそんな希少種が、中野区の小さな公園に居たりするだろうか・・・・。個人的には、採集したのはオカモトトゲエダシャク幼虫であって、クワ科の食べるのだが食草のリストからは外れていただけだと想像している。しかし、こればっかりは、羽化させて成虫を確認しないとはっきりとは分からない。飼育が容易で羽化までの日数も短かったら、やはり育ててみたかった・・・・。
現時点ではとりあえず、外見上はオカモトトゲエダシャク幼虫と同じに見えるので、近所にも普通に居るはずのオカモトトゲエダシャクということにしておこうと思う。オカモトトゲエダシャク幼虫の食草については、クワ科を食べるか否か、実際に目撃された方がほかにもいらっしゃる場合は情報提供をお願いしたい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。