スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤブガラシに居たハバチ幼虫




北の丸公園のヤブガラシの葉裏に付いていたハバチの幼虫。背面に突起が2列になって並んでいる様子は、オオコシアカハバチ(Siobla ferox)の幼虫に似ている。しかし、上から見たときにV字型の紋が見えるところや、側面が明瞭にツートンに分かれてるところ、頭部や脚の色などが異なるため、オオコシアカハバチではない。東京都本土部昆虫目録にはもう一種コシアカハバチ(Siobla sturmii)の記録があったが、そちらの幼虫は黄色っぽいのでコシアカハバチでもない。背面の突起列からみて、Siobla属の可能性が高いと思うのだが、そうなると東京都本土部昆虫目録には記録が無いSioblaということになりそうだ。
ちなみに、同種だと思われる幼虫を、「長坂蛾庭」のHepotaさんも撮っている(多摩の生き物たち: ハバチ16(仮))。Hepotaさんが確認した食草はキツリフネ(ツリフネソウ科)、カキドオシ(シソ科)、アザミ類(キク科)など。それに加えて今回はヤブガラシ(ブドウ科)ということで、Hepotaさんも書いているとおり雑食性のようだ。こんな食性ならエサには困らないので、是非とも飼育して種類を確認したいところだが、どっこいハバチ類の飼育はなかなか容易ではないのでありました。
しかし、このままだと種類は分かりそうもないし・・・・来週あたり、まだ居るようならダメ元で飼育に挑戦してみようかなぁ・・・?

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。