スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニセドウガネエンマムシ



動物の死骸などにやって来る、ドウガネエンマムシ亜科のニセドウガネエンマムシ(Saprinus niponicus)。同属のドウガネエンマムシ(S. planiusculus)よりじゃっかん大きめで、鞘翅第3背条が両脇の背条とほぼ同じ長さ(ドウガネエンマムシ鞘翅第3背条は両脇の背条の半分くらい)なのが特徴。東京都本土部昆虫目録を見ると、個体数はドウガネエンマムシよりも多いようだ。2種は同所的に居ることもあるらしいので、見かけたら採集は必須だろう。本種が集まるような現場はややグロ系(食事前の観察はオススメしない)なので、苦手な方は探さない方がよろしい(笑)。個人的にはとっても久々に、ほぼ液状化した腐肉の海で泳ぐ丸々太った蛆氏の群れを見た。幸いなことに(?)、白い背景の中の白い蛆氏の撮影は、フラッシュ光で白飛びしてしまったため消去された(笑)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。