スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手乗りヒメハナバチ



いったん手乗せに成功してしまうと、草の茎より指の方が温かいので、虫にとっては逆に居心地が良かったりするのかもしれない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんわ。
体長は実測はしていませんが、印象は大きからず小さからずといった感じでしたので、おっしゃるとおり、おそらく7、8ミリ程度だったんじゃないかと思います。
日本のハナバチ図鑑、待ち遠しいですね。ただ、現状でもヒメハナバチに限ってはそこそこの資料はあるのですが、実感としてはやはり採集しないと正確な同定は難しいと感じてます。
今回の撮影個体に関しては、正確な体長が分かったとしても、あと1点「正面から見た顔の形と毛の生えている範囲」が把握出来なかったので同定の決め手が足りませんでした。斜め上からの写真で推測するにはおむすび型に近い気がするのですが、もしそうならかなり種類が絞れたと思います。加えて、顔の毛の分布の様子が分かれば、おそらく種名が判明したと思います。フィールドで写真を撮っているときは、同定ポイント全てを把握しながら撮るのはなかなか難しいので、よほど特徴がある種を除いては採集が必須になるんでしょうね。ただし、今回の個体は複眼脇の窪みが明瞭でかなり上まで凹んでいるので、ひょっとすると専門家にはここだけでかなり絞り込めるんじゃないかと思ってます。

可愛いなぁ

 大きさは8mmぐらいでしょうか?
これだけ写ると特徴が幾つか見えますね~。
胸部の点刻・若干の正中線・・フリンジ状の毛に黒い毛が混ざっている事・・・後脚の毛の様子・・・何者でしょうね。
 判るわけ無いけど、調べたくなります。
もうすぐ日本のハナバチ図鑑出るらしいですよ。
FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。