スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トネリコのハバチ幼虫



最近、ブログの更新が滞りがちになっている。しかし、虫撮りに行ってないわけじゃなく、虫が少ないわけでもない。むしろ、全く逆の状態である。ただ、運が悪いのか、やたら難解な虫ばかりに遭遇したり、虫の種類を探る手がかりとなる植物が分からなかったりと・・・撮った後の作業がやたら時間がかかるのである。このハバチを撮ったときも、幼虫が居た樹木が分からず、ほぼ丸1日調べたあげくに仕方なく「このきなんのき掲示板」で教えをもらったりしていたのでありました。結局、樹木の方はモクセイ科のトネリコかアオダモ(コバノトネリコ)あたりだろうということになり、「トネリコ/ハバチ/幼虫」で検索した結果、同種と思われる幼虫の画像を見つけることが出来た。ちなみに、リンク先の方では区役所に問い合わせていて、寄生植物はトネリコだったとのこと。
さて、このハバチ幼虫の具体的な種類だが、ハバチ幼虫の食草リストを見てみるとトネリコ類(ヤチダモ、セイヨウトネリコ)を食べるというヤチダモハバチ(Tomostethus nigritus)が怪しそう。その画像を検索してみると・・・・何と、ルリチュウレンジにそっくり!? これは画像の貼り間違えだろうか??中には明瞭な節のあるややズングリした個体の画像もあったが、どちらの画像が正しいのだろうか・・・・いずれにしても、この種をフィールドで見かけたとしても、ルリチュウレンジと間違えそうだ(笑)。幼虫のサイズからして、成虫はルリチュウレンジよりも大きいかもしれないが・・・・現時点では体長についての情報は不明。近々、改めて図書館でヤチダモハバチについての詳細な情報を調べてこようと思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。