スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒメナガカメムシ



数が多過ぎて、白花の上のヒメナガカメムシとヒメマルカツオブシムシは、印象的には何かもうアブラムシと同じに感じてしまう(笑)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ジャワカ零さん、、こんばんわ。
ルイスアカマルハバチは頭と胸部の色で同属の別種とほぼ見分けがつくようなので、普通の生態画像でもかろうじて区別が出来ますが、同定ポイントはもちろん解説を記載しますのでご安心ください(笑)。
むしろハバチ類は、もっと普通種の小型種の方がやっかいだったりします。翅の下に隠れる腹部第一節背面の色で見分ける種なんかもあって、そういうのになるともう、採集して翅をめくらないと種がはっきりしないなんてことも・・・・・。

No title

こんばんは、フッカーSさん。
ルイスアカマルハバチいいですねえ。
この手は似たのが一杯いますので、図鑑の方に登録する際には、図説のような判りやすい説明をお願いします。ネットで調べても、どの辺が同定のポイントなのかよく判りません。(-.-)
日曜の収穫は狙ったわけでは全然ないですが、偶々撮った【クロアシヒゲナガハナノミ♂】でした。

No title

ジャワカ零さん、おはようございます。
>標本なのでには色合いが違ってしまっていて、色合わせメインの人間には辛いです
そのお気持ち、痛いほど分かります(笑)。
こちらは土日の虫撮り分は同定が終わったのですが、その後仕事の合い間に撮った虫たちがこれまた難解虫で、引き続き悶絶の日々が続いてます(笑)。
しかし、苦労の甲斐あって、採集したルイスアカマルハバチ(Nesotomostethus lewisii)の♂が同定出来ました。

No title

おはようございます、フッカーSさん。
種類が多くそれも微小難解ですか…こちらまで頭が痛くなります。(^^

隣の図書館に最近新訂Ⅱが入ったので、禁帯ではありますが大変助かります。昨日の夕方オオキノコ科を調べに行って、ミイロムネビロオオキノコと判りました。こういう図鑑って生態写真ではなく、標本なのでには色合いが違ってしまっていて、色合わせメインの人間には辛いです。(^^

No title

ジャワカ零さん、こんばんわ。
一定期間に同科の虫を集中的に見ると、比較もしやすくて良いんじゃないですかね。
こちらは相変わらず都内の地味~な虫ばかり撮ってますが、運が良いのか悪いのか、よく分からない個体が多くて悶々の日々です(笑)。
10ミリくらいの地味なホソナガクチキを採集したのですが、前胸の形や点刻はクロホソナガクチキ的なのに、触角の末端節の特徴がビロウドホソナガクチキ的で、上翅は両種の中間的・・・・・。とりあえず図書館は月曜休館で作業が停滞し、土日の虫撮りの同定がいまだに終わってません・・・・・orz
都内の未見虫はまだまだ多く、特に微小虫は難解な種が多いので、調べるのがタイヘンです(苦笑)。

No title

こんばんは、フッカーSさん。
土曜に続き日曜も帰りがけにチョット降られてしまいました。まあ雨具出すほどではなかったですが。
ここのところ、オオキノコに割と出会うのですが、昨日はスネビロ(前にも撮ったのですが、その時は特徴の足が余り出て無かった。今回は吉。)やキベリハバビロそしてミイロムネビロオオキノコを撮りました。
…この位の雨は、今の時期生姜ないですかね。(^^

No title

説明どうもです。「甲虫マルガリータ125」の画像、見てみましたが、あちらは触角に白紋があるので、今回の流れからいったらそういうことになるんでしょうね。

コブクチブトサルゾウムシ、23区内ではまず目にすることの無い希少種、眼福です(笑)。
明日は良い虫に出遭えると良いですね。こちらでも期待してます。

No title

一寸だけ説明です。
元々Twitterでの話しになりますが、丸山先生の話だと「甲虫マルガリータ125」のハネカクシは、シロヒゲアリノスハネカクシで、私の写真はクビアカアリノスハネカクシという事でした。

…目的地まで15分くらいの時に雨に降られ、結局戻ってきてしまいました。
オット、もう寝なきゃ。…明日に期待です。

No title

クビアカアリノスハネカクシで良いんですか・・・・。保育社の図鑑だと、触角に白紋があるシロヒゲアリノスハネカクシの解説中に登場するので、クビアカアリノスハネカクシの触角にも白紋があると考えてしまうのですが、クビアカアリノスハネカクシの場合は触角は無紋でも大丈夫ってことなんですかねぇ?図鑑の解説はときどき理解が難しい表現があったりしますが、素人的には図鑑以上に頼れるものが無いのでそこら辺がいつも苦労します。

お出かけ、楽しんできてください。

No title

クビアカアリノスハネカクシでよいようです。
「アリの巣の生きもの図鑑」にも出てくる様で、丸山宗利先生に写真褒められました。\(^o^)/

…オイル交換終了し空気圧もチェックしたので、これから出かけてきます。良いの撮れたらいいなあ。(^^

No title

コメツキムシに限らず、虫・・・特に体長5ミリ以下の種類はどの科であってもなかなか難しいですからねぇ。
今度のハネカクシも、ヒゲブトハネカクシ亜科アリノスハネカクシ族のZyras属の一種だと思いますが、具体的な種類がよく分からない個体だと感じます。前胸部が赤褐色な点は4~4.5ミリのシロヒゲアリノスハネカクシ(Z. particornis)や、やや小さく3~3.5ミリのクビアカアリノスハネカクシ(Z. pictus)のような印象を受けますが、触角の先端側3~4節ほどが白くないので別種の可能性が高いです。国内では7種のZyras属が記録されてますが、それ以外の未記載種である可能性があったりするかも。とりあえず、7種中の5種は外見が異なっているのですが、残る2種(fugaxとiridescens)が情報が見つからず未確認のため、現時点では何とも言えない個体ですね。ヒゲブトハネカクシを中心に研究しているサイトでも、Zyrasの未同定種が2種ほど載ってたりするので、これについては「Zyras sp.」にしておくのが良いかも・・・・・。

ヤケドについては・・・・お大事に。

No title

おはようございます、フッカーSさん。
イチハシチビサビキコリなんですが、数日前に隣接する図書館で、新訂Ⅱで調べてみたんですが、載っていなかったので、サイズ(3.8ミリ位)の近いものを探したましたが無かったです。
ですので、チョット?付きですね。(´。`)

…合間を縫ってオイル交換中、ヤケドしました。(^^

No title

ケムクジャラ甲虫は分かっていたのですね、それならOKです(笑)。

イチハシチビサビキコリは未見だし調べたことも無いのですが、現物を見てみたい一品ですね。ぱっと見はちょっとサビキコリっぽくない印象だし、ネット検索するとやや異なった外見の画像が出てきたりするのですが、外見が特徴的なだけに、もし酷似する近縁種が居る場合にはかえって間違いやすそうです。

いずれにしても、都内ではなかなか見ない虫、イイですね。

No title

地元で先月末に夕昆で見かけた虫は暫く未同定でしたが、こういう時はやはり「甲虫マルガリータ」だろうと、ローラー作戦…チビケカツオブシムシでした。検索すると、意外と出てきました。(^^
…日曜雨上がるの待って、昼過ぎに一寸の間ですが昆撮に出かけたら、イチハシチビサビキコリ居ました。こっちは結構珍しそ。

原チャリは、平均53キロ/L走りますので、財布にはとても優しいです。(^_^)

No title

ちなみに、添付のケムクジャラ甲虫の詳細はお分かりなのですか?

No title

ジャワカ零さん、こんばんわ。
虫撮りは、開けてビックリ玉手箱的な楽しみもありますが、一方で居るはずの常連を見かけるのも安心感が得られて嬉しかったりします。毎年見かけていた虫が突然居なくなったりすると、何が起こったのか心配になりますよね。
ちなみに、虫撮りの際にはあらかじめ目的の虫(WANTED)を2,3匹決めていくのですが、「ターゲットを決めて行くと、その虫にはまず遭えない」というジンクスが私の場合はあるようです。困ったもんです(笑)。

今週は確かに雨ばかりで、小1時間なら大丈夫でも長時間の外出となると難しい日が続いてますね。しかし、雨の日のツーリングは路面が滑って危ないことがあったりもするでしょうから、大人しく晴れるのを待った方が良いでしょう。ガス代もばかにならないでしょうし(笑)。

No title

こんにちは、フッカーSさん。
確かに私も、「又いつものかなあ~」なんて思っちゃいます。(^^
でもいつどこで何が出るか判らないとこが、ムシ探し楽しみですよね。

…雨ばっかで困ります。
オイル交換時期が過ぎてるので、晴れ間があったらやりたいです。
なんだかんだメーターその内一周しそうです。(^^
FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。