スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チビハサミムシ

現在、種類を知るために室内でカメムシ幼虫を飼育しているが、そのエサとなるマメ科やキク科の草花を探して、仕事に行く前の何分か近場の神社に寄った。しかし、不思議なもので、虫撮りをしているとウンザリするほど見かけるマメ科やキク科の雑草類が、いざ探すとなると全然見つからない・・・・orz まあ、虫撮りをする場所と仕事場周辺では環境が違うからなのかもしれないが、予想以上に見つからないのでちょっとイライラしてくる(笑)。
そんなイライラもあって、神社の奥に置かれていた伐採木の樹皮を少しめくってみた。すると、ぱっと見ハネカクシに見える小さな細長い虫が、素早く走り回っているのが見えた。よく見ると、お尻の先端にハサミが見えたので、ハネカクシではなくハサミムシの幼体なんだろうと思った。しかし、幼体にしては体色がしっかり付いていると思ったので、とりあえずじっくり見てみたくなって、2匹ほど採集した。動きがあまりにも早かったので、樹上に居る写真は撮れなかった。・・・・・で、仕事を終えて帰宅後、採集したハサミムシをじっくり見てみたのだが・・・・



なんと、チビハサミムシでした! 体長は5ミリ前後しか無いけど、これで成体。同科には外見がよく似たミジンハサミムシが居るが、ミジンハサミムシは脚が黄色一色で、触角先端に白い節があり、オスのハサミがそれほど大きくカーブしない。それに対してチビハサミムシは脚の腿節の基部側が黒く、触角に淡色の節が無く、オスのハサミが弧を描いていて上から見ると全体的に円形に見える。主に朽木の樹皮下などから見つかるので、生息環境も一致した。そして、今回の採集個体を見て、2012-10-21の林試の森公園で見かけた不明種の正体が本種だと判明。思わぬ形で見事に再会を果たしたのでありました(笑)。
ちなみに、東京都本土部昆虫目録ではクロハサミムシ科(Spongiphoridae)で学名が「Labia curvicauda」となっていたが、現在ではカザリハサミムシ科(Spongiphoridae)で学名は「Paralabellula curvicauda」となっているらしい。Labia属やParalabellula属のほかに、Metalabella属に分類されていた時期もあったようだが、学名がコロコロ変わると検索すらままならなくなるので困る・・・・。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。