ハネカクシの一種



夏に窓を開けておくと、灯火に誘われて室内に飛び込んでくる虫は少なくないのですが、公園に虫探しに行くよりも面白い虫が入ってくることがあります。上のハネカクシは飛んできて足の上に止まったもので、細くて尖ったお腹と透明な翅が見えたため最初はアリガタバチかと思いました。捕獲してしばらくは動き回っててマトモに撮れなかったのですが、そのときはもう少し腹部が長かったです(翅先から腹部はしっかり出ていた)。その後図鑑で調べてみましたが、種類は分かりませんでした。触角はヒゲブトハネカクシの仲間っぽいですが、体形的にはコガシラハネカクシの仲間っぽい印象・・・・。おそらく、図鑑には載ってない種類なんじゃないだろうか。体長およそ3ミリ。
ちなみに、最近室内に迷い込んできた虫は、ほかにベニモントガリホソガ、コブマルエンマコガネ、ヒメトビウンカ、サビキコリ、ガガンボの仲間、ビロウドコガネ、ヒメトビケラ属の一種、コガタシマトビケラなどなど。もちろん蚊も多いが、我が家の場合はアカイエカがほとんど。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード