スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨツボシケシキスイの幼虫



クヌギの樹液場を覗くと、ケシキスイの成虫の周囲で、樹液に埋没してうごめく幼虫の姿を見かけることがある。甲虫の幼虫は、コガネムシ類やカミキリムシなどのメジャーなものを除けば、ほとんどが大雑把に科の特徴を示す程度のもので、具体的に細かく種類まで追究した資料は皆無に近い気がする。そんなわけで、樹液場で幼虫を見かけてもせいぜい撮影までで、採集はせず、同定なんぞハナから諦めていた。そんな中、ケシキスイの幼虫について記された、北海道大学の「A CONTRIBUTION TO THE KNOWLEDGE OF THE LARVAE OF NITIDULIDAE OCCURRING IN JAPAN (COLEOPTERA : CUCUJOIDEA)」という資料(pdfファイル)を見つけた。そこで、つい最近見かけた大型の白い幼虫について調べてみた。その結果、腹部末端の尾片の形状から、この幼虫はヨツボシケシキスイ(Librodor japonicus)の幼虫だと分かった。撮影したとき、周囲に数多く見られるトゲトゲの幼虫に比べてサイズが大きいことから考えて「大型のケシキスイで割とポピュラーな種類・・・・ヨツボシケシキスイかな?」と予想していたが、見事に予想は的中となった。同pdfファイルには、同種の全身図(背面)や頭部の図もあり、頭部はマトモに撮れていなかったので確認出来なかったが、全身図の方はほぼ一致した。ちなみに、同pdfファイルは英文で書かれており、学名は「Glischrochilus japonicus」となっていた。その学名を東京都本土部昆虫目録で調べたときは、「Glischrochilus japonica(現在の種名不明)」という一文があって行き詰まりそうになったが、長野電波技術研究所附属図書館が出している「内外動物原色大図鑑」にて「ヨツボシケシキスイ(四星出尾虫) Glischrochilus japonicus Motsch.」を突き止めることが出来た。なお、ヨツボシケシキスイ幼虫の周囲にたくさん見えるトゲトゲの幼虫は、その数の多さや大きさ、同所に居る成虫から考えて、ナガコゲチャケシキスイの幼虫だと思っている。こちらは全身がよく見えないのでまだ未確認だが、いずれ採集して、今回の資料で正確な同定をしてみたいと思う。
PS:その後ネット上で「ヨツボシケシキスイの幼虫」で画像検索してみたが、ネット上で見つかる幼虫画像は頭部の大きさや形状、腹部の背板の様子、体色などがかなり異なって見えるものばかりだった。成長段階の違いによるものか、誤同定なのかは定かではないが、一部の画像は腹面側を撮ったものだったりする?

参考>「BugGuide.Net」にあった、同属のGlischrochilus quadrisignatus の幼虫の画像。尾片の先はやはり枝分かれしている様子。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。