スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スズメバチは少なかった?



画像は、ウメの樹上で見かけたクロスズメバチのメス(9月/千代田区)。
猛暑だった今年はスズメバチの類が例年よりも多いという報告があり、テレビでもそんなニュースを流していた。スズメバチに刺される被害も、実際に数倍多いというデータもあった。しかし、それは場所によるのか・・・・区内は逆に、今年はあまりスズメバチを見なかった気がする。クヌギの樹液場に行っても、実際にオオスズメバチはあまり見なかったし、オオスズメバチ特有の重低音の羽音に驚くことも極めて少なかった。オオスズメバチに限らず、他のスズメバチ類もあまり見なかったが、それに対してアシナガバチの類はよく見かけた。スズメバチが減ったと言えばホッとする人が多いかもしれないが、自然界全体から見たらちょっと心配になる事柄だったりする。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。