スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イボトビムシ科ヤマトビムシ亜科の一種?




伐採木の樹皮裏から出てきた青黒くて丸っこいトビムシ。体長はおよそ1.5ミリで、体の横幅もけっこうある。
ぱっと見は、冬にケヤキの樹皮裏などで普通に見かけるムラサキトビムシ科の仲間に似ているが、体形や大きさ、群れ方がじゃっかん異なって見える。触角の構造もやや異なっているように見える。しかし、最も異なってると感じたのは、こんな体形をしていながら、指で突くとかなりの大ジャンプをするという点。軽く30センチを越すジャンプで視界から消えて行くので、お腹にはけっこう立派な跳躍器を備えているものと思われる。背面には、両端に淡黄色の斑紋が見えるが、斑紋が見えない個体も疎らに混じっている。
ネット上で似た外見の画像を探すと、斑紋が無いものについては「ムラサキトビムシ科の仲間」として紹介しているサイトがたくさん見つかった。海外のトビムシ専門サイトでHypogastruridae(ムラサキトビムシ科)を見ると、確かに特徴が細部まで酷似している画像が出てくる。しかし、淡黄色の斑紋がある種類は、ムラサキトビムシ科のページでは見当たらなかった。体形と斑紋を重視して酷似種を探した結果、そっくりさんが見られたのは、イボトビムシ科ヤマトビムシ亜科(Pseudachorutinae)だった。海外のトビムシ専門サイトでは、属名は書かれておらず、単に「Pseudachorutinae/Japan」と書かれていた。比較的大きな画像も掲載されていたが、触角の構造も似ていると感じた。イボトビムシ科については、トビムシの仲間でありながら跳躍器が無い云々という記載があったりするので、大ジャンプを繰り出した今回の種類には該当しないようなイメージがある。しかし、海外のトビムシ専門サイトの本種そっくりの画像には、腹面の跳躍器を写した画像があった。また、ヤマトビムシ亜科はときどき「ヤマトビムシ科」とされているサイトがあったりするので、イボトビムシ科であっても他の亜科には無い特徴がある可能性はあると思う。
現時点ではムラサキトビムシ科とイボトビムシ科ヤマトビムシ亜科の明確な区別点が把握出来ていないため「?」マークを外す事は出来ないが、斑紋がある点を重視してとりあえず「イボトビムシ科ヤマトビムシ亜科の一種?」(Pseudachorutinae gen. sp.)としておこうと思う。
参考にした海外のトビムシ専門サイトは以下のとおり。ムラサキトビムシ科とイボトビムシ科の両方にそっくりさんが居るが、特に背面の斑紋と触角(第3あるいは4節めの形状や長さなど)に注目して見ていくとなかなか面白いと思う。

Checklist of the Collembola/Pseudachorutinae ※ イボトビムシ科ヤマトビムシ亜科
Checklist of the Collembola/Hypogastruridae ※ ムラサキトビムシ科

ケヤキ樹皮裏で普通に見かけるムラサキトビムシ科の仲間はこちら↓


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

追伸:
学名が分かったので検索してみたところ、本文にも書いた海外のトビムシ専門サイト「Checklist of the Collembola」にChoreutinula inermisの画像がありました。

http://www.collembola.org/taxa/hypogast.htm#Choreutinula

画像はフランスで採集された標本のようですが、日本産と大きくは違わないと思います。やはり、触角の構造は異なってみえますね。あと、「ヒラタ」と言うとおり、体の厚みがより平たく見えます。Choreutinula属は世界に5種ほど居るようですが、専門サイトにはChoreutinula属の種への検索表がありました。

http://www.collembola.org/key/chornula.htm

しかし、どうやら口器の背部の突起(あるいは剛毛?)の数や腹管(ventral tube=粘管ともいう)の突起(あるいは剛毛?)の数が重要になるようなので、採集して細部を見ないと検索は無理みたいです。
C. inermis の特徴は、「Ventral tube with 5 + 5 setae」(腹管に5対の突起(あるいは剛毛?)」となるようです(翻訳あってるかな??・・・笑)。

No title

情報ありがとうございます。
ヒメヒラタトビムシについてはネットで調べても全く情報が見つからなかったので、記載されている図鑑名や学名を教えていただいただけでもありがたいです。
都内での記録はありませんが、今後出遭う可能性がゼロとは言えませんので、そういう種が居ると知っておくだけでも違うと思います。
「日本産土壌動物」は近所の図書館には置いてないのですぐには閲覧出来ないのですが、近いうちに実際にヒメヒラタトビムシの詳細情報を確認しに行こうと思います。

No title

それほど推すつもりは無いのですが、中途半端な情報になってしまったので、書いておきます。
図鑑は、青木先生の日本産土壌動物で、p754にヒメヒラタトビムシは載っています。Choreutinula inermis(Tullberg)となっていました。触角を較べようとしたのですが、写真ではつぶれていてよく見えませんでした。
背中の斑紋は無いようなので、やはり違いますかね。
キノボリヒラタトビムシも隣に載っているのですが、それよりかは、似ています。

No title

こんばんわ。なかなかユニークな面白い夢想だと思います。個人的に、奇想天外な生物が出てきて人々が大騒ぎするSF映画とか、恐竜時代を再現する科学番組とか、未来の地球を想像する予言的考察なども好きなので(笑)。

図鑑に載ってるというヒメヒラタトビムシというのは初めて聞きましたが、ネットでは名前すら出て来ませんね・・・・。もちろん東京都本土部昆虫目録にも記録はありませんでしたが、唯一キノボリヒラタトビムシ Xenylla brevispina というのが載ってました。同じXenylla属だと仮定して検索してみると、やや細身な画像が出てきて、まさにムラサキトビムシ科だなと思わせる印象を受けました。Xenylla属で無ければ外見は異なってくるのでしょうけど、今回重視した背面の斑紋と触角はXenylla属とは一致しなさそうだと思いました。私も素人なので、具体的にどこがムラサキトビムシ科と異なっているかってことは分からないのですが、現時点では「sp.」扱いにしておくしかなさそうです・・・。

No title

こんばんは。
冗談半分に聞いて欲しいのですが、この画像を見たとき、これが化石で見つかれば、無翅昆虫から有翅昆虫への進化の途中の虫だなどと騒がれないかなと、勝手に想像しました。また、こいつが脱皮したら、この翅芽が成長して、羽のあるトビムシが生まれたら、大発見だろうなとか、想像しました。

もちろん素人の絵合せなのですが、図鑑にのっていたヒメヒラタトビムシというのが、少し似ています。ムラサキトビムシ科ですが、、、。
FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。