スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤガ科の幼虫-飼育 結果報告

2013年11月1日に多摩川河川敷の近くの公園でヤガ科の蛾の卵を採集し、羽化する成虫を確認しようと飼育を続けていましたが、先日やっと成虫が羽化しました。
出てきたのは、やはりヤガ科モンヤガ亜科のクロクモヤガでした。

今までの経緯→ 記事

 終齢幼虫


3月6日に羽化

4月中旬頃の陽気となった先週あたりに羽化しそうな予感があったが、予想に反して再び気温が下がって小雪までちらついた今週の羽化となった。結局、羽化したのは1匹のみで、他は全てお亡くなりになった・・・・。飼育の時期的なもの、エサをいろいろ試したことなどが生存確率を下げた可能性も考えられるが、自然下では他に寄生とかエサ不足とか事故なんかもあるだろうから、生存確率の低さは自然下でもあまり変わらないかもしれない。211個の卵から成虫に成れたのがたった1匹という結果には、自然界の厳しさを感じるとともに、蛾類が多産する理由とか蛾が大量発生しない理由とかいろいろな事を考えさせられた。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。