スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マダラナギナタハバチ




立派な産卵管と変てこな触角のおかげで、コマユバチ辺りだと最初に思い込んでしまったので、同定にちょっと手こずってしまった(笑)。しかし、よく見れば頭を上から見た印象はやはりハバチ類のそれだし、胸部背の起伏を見ればハバチ以外の何者でも無いのは明らかでしたね・・・。
本種は、ナギナタハバチ科ナギナタハバチ亜科のXyela属に所属する、マダラナギナタハバチ(Xyela variegata)のメス。都内ではもう一種、ナギナタハバチ(X. japonica)の記録があるが、そちらは頭部が黒いので区別はしやすい。ただし、マダラナギナタハバチには外見がそっくりな Xyela tecta(和名なし)という近縁種が居て、ともにアカマツの花粉に飛来し、両種が混在することも多いらしいので、マダラ的な個体の方は実際の同定はちょっと難しいらしい。今回の個体は、採集場所のお隣で2013年に行われたばかりの調査記録を参考にしたが、その記録が無ければまず Xyela sp.となっていたと思う。都内では2000年や2005年の記録もあり、ネットでも比較的情報の多い種だが、アカマツに依存する故に都内では局所的な感じになっている感じか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。