スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オドリバエ科 Empis (Anacrostichus) sp.




体長5ミリ前後の黒いオドリバエで、腹部は鈍い藍色の金属光沢がある。左側の翅のR4脈からはさらに一本、R2脈と前縁が交わるところに向かう脈(変異)がある(右側は正常)のに気付いたので、「一寸のハエにも五分の大和魂・改」にも投稿してみた。左右の翅脈が異なっているのは半翅類ではたまに見かけることがあるが、双翅類でもそういうことがあるんだなぁ。ちなみに、「一寸の~」の添付画像サイズ・・・もう少し大きなサイズが上げられると良いんだがなぁ。特に細部を注意深く見なくてはならないハエ類の掲示板で、100kbというのはちょっと小さすぎる気もする。まあ、いろいろ理由有りなんだろうけど。
同定には「オドリバエ科の日本産の属の検索表」を用いたが、Empis属から進んだ亜属の検索は、採集個体がメスだったために無理となった。しかし、腹部に藍色の金属光沢がある同様の種について、「一寸のハエにも五分の大和魂・改」の過去ログで「Empis(Anacrostichus)の一種の♀かもしれない」といったコメントが見られ、腹部以外の体細部がほぼ全て投稿画像と一致していたため、本種もEmpis(Anacrostichus)の一種と考えて良さそうだと判断した。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。