スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アオモンツノカメムシの産卵




ヤツデの葉裏にカメムシの卵がたくさん産み付けられており、一部はすでに幼虫が孵化していた。孵化したての幼虫は複数種に酷似するものが居るので、直に親を確認しようと葉裏を探してみた。見つかったのは、アオモンツノカメムシだった。卵の数や、すでに幼虫が孵化していることから考えて、複数匹の親がこの場所に集まってきて、先週辺りにいっせいに産卵したものと思われる。ヤツデは周囲に多かったが、卵があったのは狭い範囲の数本のヤツデのみだった・・・・どんな条件があったのかは分からないが、同種の樹木なのに虫の居る樹が限られているという事はよくある。とりあえず、狭い範囲に卵が集中すると、寄生や捕食のリスクが高まるんじゃないか心配になるが、幸い、この場所の卵に寄生蜂などに襲われた形跡は見当たらなかった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。