スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これが本物のカシオオアブラムシ



海外のサイトでカシオオアブラムシを確認してはいたが、フィールドでそれっぽい個体を見てもイマイチ分からなかった。しかし、今回は有翅虫の斑紋パターンを確認し、斑紋がクリオオアブラムシとははっきり違うことが確認出来た。脚が茶色い無翅虫については、クリオオアブラムシも若い個体では脚が茶色いため区別できずにいたが、こうして本物を見てみると、カシオオアブラムシの無翅虫は全体的に緑色が濃く見える。同じ脚が茶色いクリオオアブラムシの若い無翅虫では、どちらかというと赤黒い印象が強いので、脚色よりも背面の色の印象の方が区別しやすいかもしれない。とりあえず、過去に見た脚が茶色い個体たちは、全てクリオオアブラムシだったことがはっきりした。今後は、カシオオアブラムシの有翅虫が居なくても、両種を何とか見分けられそうだ(笑)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんわ。
外見でどうにか区別出来るものであれば、同定ポイントを図示するなどして情報を普及させることが出来るかもしれませんが、アリガタハネカクシMegalopaederus属みたいに分布域で種が分かれてて交尾器でしか見分けられないようなものは、なかなか難しいでしょうね。地域ごとに種が違うといっても、ときどきは境界線を越えて紛れ込むヤツが居ないとは限りませんし、撮影地を明記せずに画像だけアップすれば誰も違いが指摘出来ないし・・・・。せめてサイズが明らかに違うとか、色が異なるとかってのがあればなぁ・・・・。
最近少し書いたニンフジョウカイAsiopodabrus属なんて、翅があって移動など容易いと思えるにもかかわらず、地区町村単位で亜種に分かれてるなんてこともあり・・・・・、とにかく、虫は面白いけど難しいです(笑)。

No title

こんばんは、フッカーSさん。
そうなんですよね、日曜も都下でクロサワアリガタハネカクシを見つけたんですが、ネットの情報は、何処の地域とかにかかわらずコアリガタハネカクシとしてる場合が、多いのも現実ですよね。
ここは、やはりフッカーSさんの力で現状を変えていってもらわねばなりません。

No title

こんばんわ。
さすがですね。
ネットでは有翅虫を撮っていながらも間違えてるサイトが沢山あります。中にはカシノキに居たからという理由で同定してるサイトもありましたが、まあ、これは同定する側ばかりを責められません。極めて普通に見られるポピュラーな虫を除いて、虫に関する情報が図鑑以外に普及していないこと、頼みの綱の図鑑の画像が小さい上に同定ポイントが図示されておらず、解説が理解しづらい文章となっていていることなど、素人には低からぬ壁が立ち塞がっている感があるのは事実です。せめて、アブラムシやカイガラムシなど植物に寄生する、いわゆる害虫に類する虫くらいは、詳細な情報が公開されるべきと思う今日この頃です・・・・・。

No title

おはようございます、フッカーSさん。
《予告》?から、チョット気になってました。^_^;
…日本のサイトだと、何だか怪しくて{Lachnus roboris}で検索すると、合致するのが出てきていました。
斑紋パターンやっぱり同じですね、間違ってなくて良かったです。
FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。