スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒメトビハムシ?→Aphthona属らしい



体長およそ1.8ミリの黒いトビハムシ。触角や脚には黄褐色の部分は見えない。これまで撮ってきたトビハムシ類の中では最小クラス。
これがヒメトビハムシ(Orthocrepis adamsii)なら、前胸背板の後縁前方に深い横溝がありその両端が顕著な縦溝で境されているはずだが、サイズが小さ過ぎてもはや我が機材では確認が出来ない・・・・。また、図鑑の説明によれば体腹面は黒色で、脚は黒い後脚腿節を除いて赤褐色となるようだが、撮影した画像では脚は黒く見えるし、腹面を確認しようとしたらいきなり大ジャンプして室内で行方不明となった(この大きさではもう見つけられない・・・・)。そんなわけで、ヒメトビハムシかどうかは結局分からずじまいとなった。

PS:その後ハムシの専門家の方から「Aphthona属の一種かもしれません」とコメントをいただきました。なるほど、前胸背板後縁の横溝が見えないのも、脚色が一致しないのも、そう考えれば納得がいきます。流石です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。