スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロバネキノコバエ科の一種

 クロバネキノコバエ科の一種

京都市内でクロバネキノコバエ科のハエが大量発生して、市民を悩ませているというニュース記事を見かけた。その記事の中で、「体長1~3ミリ」「網戸の目を通り抜ける小ささのものもいる」という一文があった。過去にクロバネキノコバエ科の一種はいくつか撮ってるがおおよそ4~5ミリの種類ばかりで、そんな小さいのを見た記憶が無かったので、そんな記事の内容にちょっと疑問を感じたりした。しかし、疑問を感じたまま入った飲食店で、目の前に何やら小さな小バエを見つけた。体長は1~2ミリくらいだろうか。人目を気にせず小バエを撮ってみると・・・・・あらら、クロバネキノコバエ科の一種みたいだ。何と、記事を読んだその日のうちに、大きさが近いクロバネキノコバエ科を目にすることになった。もちろん大発生というほどではなく普通程度だったんだろうが、目の前に少なくとも4匹以上が居たことから考えると、発生源は店内のどこかだと思われる。それでも、店内で虫を見かける飲食店って、昔よりは全然少なくなったと思う。小バエの1匹くらい食べたところで、健康面には全く問題無いだろうし。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。