スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コウラコマユバチ亜科の仲間



希少種を除いてほぼ全ての種を画像で示すか、ほぼ全種を網羅した検索表が無い限り、やはり種類を特定するのは難しい。今回の個体は、腹部の構造や翅脈などから、コウラコマユバチ亜科Phanerotomini族のPhanerotoma属のうち、Phanerotoma亜属というところまでは分ったが、種類は結局分らなかった。絞り込みの結果、おそらくヒメキイロコウラコマユバチ(Phanerotoma planifrons)かトガリキイロコウラコマユバチ(Phanerotoma producta)のどちらかというところまで行ったのだが、両種の具体的な特徴についての情報が見つからなかったのでした。どちらか一方だけにある特徴の情報さえあれば、その部分の有無を確認するだけで種類が決められる・・・・・あと一歩だけに悔しい限りだ。とりあえず、ヒメキイロコウラコマユバチの不鮮明な画像との比較ではじゃっかん違いがあるようなので、現時点での第一候補はトガリキイロコウラコマユバチということになってるが・・・・・「トガリ」ってどこの部分を指してるんだろう?

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。