スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハムシハンドブック



文一総合出版のハンドブック・シリーズは、フィールドに持っていける手軽さもさることながら、内容的にも充実したものが多いです。そんなハンドブックの新刊で、200種のハムシが掲載された「ハムシハンドブック」が発売となります。著者はトンボの生態写真を専門にする写真家・尾園暁さんですが、ハムシの専門家である南雅之氏の全面協力で充実の内容になってます。高価な図鑑でも大抵は画像が小さくてビジュアルが分りづらかったりしますが、ハムシハンドブックでは画像が大きい上に綺麗なので、絵合わせに最適です。図鑑の解説を読んで、どの部分のどんな状態を説いているのか理解出来ず未同定に終わったという経験がある方も多いと思いますが、ハムシハンドブックではその種の特徴が画像横に書かれていて図示されているので、同定にもとても便利です。個体変異のバリエーションが網羅されている点も、素晴らしいです。索引は、種名で引けるのはもちろんですが、実物大ハムシ一覧から大きさや色で探せるのがユニークです(笑)。実物大ハムシ一覧を見ていると、ふだん撮ってるハムシの小ささに改めて気付かされます。ハンドブックということで掲載種に限りがあるので、普通種でありながら載ってないハムシも多々ありますが、とりあえずこの価格でこの内容・・・・・最高だと思います。ハムシ好きの方のみならず、虫撮りする全ての人にお勧めの一冊です。マメゾウムシも載っていて、過去に撮ったマメゾウムシの再チェックでハンドブックがさっそく役に立ちました(笑)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

みき♂さん、こんばんわ。
文一総合出版のハンドブックは、ほんと、良いのが多いですよね。欲を言えば全部欲しいところですが、その前に欲しいものが沢山・・・・。
TG-3は虫撮りしてる方々がけっこう買ってるようで、実際にTG-3で撮った画像がアップされてるブログも見かけます。深度合成モードで撮った虫画像と普通の画像を比べた記事を実際に見ると、デジカメの進化に驚くとともに、入手への思いがますます強くなります(笑)。

おっ、そんな本が

こんにちは。
ハムシハンドブック、明日にでも買ってきます(笑)。
文一総合出版の本は数えてませんが10冊以上はあると思います。
かなり役立っています。中にはそうでもないのもありますが…。
↑のTG-3は私も狙っております。
私はTG-2を買ったのが昨夏なので、TG-3は4万円を切るくらいまで下がってきたら買いたいなと思ってます。
FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。