スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次に買うなら

 オリンパス「TG-3」

現時点で最も欲しいと思ってるカメラは、オリンパスの「TG-3」。深度合成モードや顕微鏡モードが内臓されているという、微小虫撮りにはもってこいのカメラです。もちろん、前々からデジタル一眼も欲しいと思ってましたが、デジカメがここまで進化してくると、別レンズをあれこれくっ付ける必要が無くなってくるというか、デジカメで全てカバー出来るような気がしてくるのです。当然、画像のクオリティ的にもアップしてるだろうし。
ちなみに、購入した新品の時点から不満だらけ・・・・というか不良品だったんじゃないか疑惑のあるCASIOの「エクシリムEX-ZS150」はいまだに使ってます。購入してから既に2年が経ち、不具合はどんどん酷くなってますが、慣れと撮影技術向上で何とかなってます。おそらく、自分以外には誰も使いこなせないという自信があります(笑)。だって、自動焦点のピント合わせの動作がノロい、シャッターボタンを押してから実際にシャッターが切れるまでのタイムラグが1秒近い、ちょっとでも暗いとピントが合わない、指の幅より狭い場所にはピントが合わない、半押しでピントが合ったときしかシャッターが切れないはずなのにピンボケ状態でもじゃんじゃんシャッターが切れる、撮れた画像が全体的にぼんやりしてて画像をよく見てもどこにもピントが合ってない、連写が出来ない、肉眼で見た色と撮れた画像の色があまりにも違う・・・・・などなど、不良のオンパレードだから。我ながら、こんなカメラでよく虫撮りしてると思う。まさに根性と執念(笑)。平坦な場所にじっと静止している虫でさえ何度シャッターボタンを半押ししてもピントが合わなかったり、何故かピンボケの写真しか撮れなかったりするので、動く虫なんぞだと最悪だ。貴重な瞬間やレアな虫の初撮りをどれくらい逃したか知れない。動く虫の場合だと、被写体がフレームの中央に居るときにシャッターを切ると間違いなく虫は写っておらず、フレームの中央に来そうなタイミングを計ってシャッターを切っても1秒のラグのおかげで虫のお尻しか写ってないか、それでも通り過ぎて何も写ってないという有り様・・・・。慣れっこのはずの自分でさえ、カメラを地面に叩きつけようと思ったこと数知れず・・・・(笑)。それでも証拠写真程度のものが何とか撮れれば良いんだけど、カメラのおかげで初対面の虫を1枚も撮れずに終わったりすると、マジで怨み倍増なのであります(笑)。そういったチャンスを逃したくないがために、最近は採集する決断が増えているのですが、採集容器に囚われている方が虫は動き回ったりするので、撮影時間ははるかに長くなり、長時間の格闘で疲れ果てるというオチ。動きを止めるために冷やすと弱って死んでしまう虫も多いのですが、そこまでするならもっと細密な写真を撮りたいもの・・・・・。一時はデジタル顕微鏡を買おうかと思ったりもしましたが、「TG-3」なら顕微鏡の代わりにもなりそうですね。
そんなわけで、もう今すぐにでもオリンパスの「TG-3」に買い換えたいなぁと思ってはいるのですが、財布が常にすっからかん状態なので、実際に入手するのはいつになることやら・・・・(笑)。
まあとりあえず、普通にアップされてる虫写真の撮影に、実は涙ぐましい努力と執念があったんです・・・・・というお話(笑)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

そらさん、こんばんわ。
もの凄い技・・・・確かに技と言えば技かもしれませんが、カメラを買い換えたら全く使う必要が無くなる技です(笑)。
使い慣れた道具の代替えが無い問題は、私もときどき苦労してます。一番苦労したのは京セラのデジカメを使ってた頃、バッテリーがダメになったので買い換えようとしたら京セラがデジカメ事業から撤退してて、バッテリーの在庫が無くなってたってことかなぁ・・・・・。最近は何でも新製品が次々に出て便利になってくのは良いのですが、1つのものを長く大切に使っていこうという昔ながらの精神を持っている(いまどきの言葉で言うならエコ)ので、古いものが入手できなくなる状況はツライです。
新しいカメラは、ほんと明日にでも買いたい気分ではあるのですがねぇ・・・・・(苦笑)。

大変ですね

こんにちは、

ものすごい技を使って、撮影をされていたんですね。この記事を読んだら、私なんか結構手抜きして撮っているのが分かりました(^^;。
それでも、三脚の雲台(本体付属の安い物)にへたりが来ていて、ファインダーで被写体を確保してからカメラを固定しようとすると微妙にずれて固定されるので、最近はチョッと手こずっています。雲台だけ購入しようと思ったら、既に生産中止だそうな。安い雲台ですが、固定バー1本で上下方向と回転方向がロックできるので、虫撮りには結構重宝しています。使い慣れた道具の代替えが無いと、苦労しますね(^^)。

新しいカメラ、買っちゃいましょうよ~!
FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。