スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミズアブ科Odontomyia sp.改めミズアブ(Stratiomys japonica)



アリノスアブやヒゲナガハナアブ類を期待したけど、ハナアブ類じゃなくてミズアブの方でした・・・・orz
同所には3匹ほど居たようだが、いずれもオスでした。
Odontomyia属は東京都本土部昆虫目録ではヒラヤマミズアブ(Odontomyia hirayamae)しか載ってないし、外見的にも似てると思うが、都内では同じOdontomyia属と思しき別種も撮ってるので、今回も未記録のOdontomyia属の可能性もあったりする?
とりあえず、ヒラヤマミズアブの同定ポイントが不明のため、「Odontomyia sp.」としておく。

PS:ezo-aphidさんからのコメントで、本種はOdontomyia属ではなく、Stratiomys属の「ミズアブ」(Stratiomys japonica)であることが分かりました。Stratiomys属は、Odontomyia属の仲間よりも触角第1節(柄節)が長いことなどで見分けられるようです。詳しくはコメントをご覧くださいませ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ezo-aphidさん、こんにちわ。
水生昆虫の専門家が使っていたのですね。
>ヒラヤマに似ていて、南方に偏って分布してるせいなのか、関東以北では認識されてこなかったようです。
そのようですね。一寸のハエにも五分の大和魂・改の2007/04/10に同種のオスと思しき個体が撮られてました(埼玉産)が、種類は不明のままでした。これ、たぶんシコクミズアブのオスですね。バグリッチさんがコメントで「この種は、湿地や河川敷で4月の早い時期に時々採れます」と書いてますので、ほかにも関東圏で本種を確認されてる方は居るようです。
http://diptera.jp/usr/local/bin/perl/dipbbs/joyful.cgi?list=pickup&num=3358#3358
今後4月には、河川敷を中心に水辺環境で、意識してシコクミズアブの出現状況をチェックしてみたいと思います。

シコクミズアブ

お役にたててさいわい、です。
シコクミズアブの和名は「日本の水生昆虫」(東海大出版会、2005)で永富さんが使っていました。ヒラヤマに似ていて、南方に偏って分布してるせいなのか、関東以北では認識されてこなかったようです。

No title

ezo-aphidさん、こんばんわ。
文献情報ありがとうございます。
さっそく「Stratiomyinae of Japan 」をチェックしてみましたが、おっしゃるとおり今回のミズアブは無印のミズアブ(Stratiomys japonica)のようですね。ミズアブは「みんなで作る双翅目図鑑」のミズアブ科図鑑のサムネイル画像で印象が異なっているように感じたので、早々に候補から消していましたが、文献の方のコピー画像や触角の図などでは確かにほぼ一致していました。文献は英文のため正しく訳せているか不安は残りますが、参考画像や図解が記載されていると助かります。

2014-04-21の方もチェックし直しましたが、文献の内容からは確かにOdontomyia shikokuana となるようです。O. shikokuana は候補にしたヒラヤマに外見的には似てるようですし、他の3種とは腹部の斑紋などが明らかに違って見えるので、そこからもshikokuana で良いと感じました。複眼の毛の有無で種を見分ける点は、レッドデータブックやまぐち[昆虫類・クモ類]のヒラヤマミズアブの解説中にも書いてありました。ただ、シコクミズアブという和名は(学名からして合ってると思いますが)検索しても見当たらなかったので、とりあえずは学名の方で整理しておこうと思います。

Stratiomys

お久しぶりです。日本のミズアブ亜科については、「Stratiomyinae of Japan 」(Nagatomi,1977)に英文で載ってます。
触角の形で見分けるようで、第1節(柄節)がやたら細長いのがミズアブ(Stratiomys japonica)とのこと。たぶん、これでしょう。
Odontomyiaは第1節(柄節)がやや短く、この文献のOrthogoniocera3種も加えられて5種になってますね。Orthogonioceraの検索表を見ると、ヒラヤマには複眼に毛が無いそうなので、2014-04-21 はシコクミズアブあたりなのかも(記載をちゃんと見てませんが)。
FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。