スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒川区&足立区



せっかく久々に尾久の原公園に行ったが、何やらダイオキシンが検出されたとかで、公園のほぼ全域が立入り禁止となっていた。そのため、予定より全然早く荒川河川敷の方に向かったのだが・・・・・・何だか今年はカマキリが少ないなぁ? ただ、ハラビロやコカマキリは例年通りで、少ないのはオオカマキリとチョウセンカマキリに限られてる感じ。特にチョウセンカマキリは、3箇所の河川敷を立て続けに歩いた中でたった1匹見かけたのみ・・・・・・。その1匹を撮り損ねたので、以後意識して探しているのだが、全く姿が見当たらない。時期的に少し早いのかとも思ったが、2年前には同じ場所で同じ時期に沢山の成虫を撮っていた。うーーん・・・・・気になる。
もうひとつ気になっているのは、昨年いやと言うほど大量に見かけたヒメジュウジナガカメムシが、3箇所の河川敷を探しても1匹も居ないということ。活動中の個体も見かけないし、物陰に潜んでいる集団も見つからない・・・・・。
そんな事を気にしながら、帰途にふらりと立ち寄ったペット店で、虫が売られているのを見かけた。スズムシやマツムシ、カワラスズなんかが1500円前後の高額で売られていたが、まあこれは確かに、23区内で探しても滅多に見つからないので高額なのもうなづける。しかし、クマスズムシやチョウセンカマキリが500~700円ほどで売られていたのには驚いた。まあ、ふだん虫撮りをしていない方々には、普通かレアかとか、どこを探せば居るのかなんて分からないだろうし、電車に乗って河川敷に行くとか虫撮りしてる時間など考えたら妥当な値段なのかもしれない。でも、実際に虫探しをする楽しさは、お金では買えないよなぁ。ただ、今回チョウセンカマキリを探しても見つからなかったことを考えると、近い将来、当たり前に居ると思ってた虫を高額で買うしかなくなる日が来たりするのかもしれないなぁ・・・・・と思ったりもした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。