スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モクレンのトゲコナジラミ



外見的な特徴はツバキ科に付くチャトゲコナジラミ(Aleurocanthus camelliae)の幼虫に見える(←詳しくはこちら)が、「コナジラミ写真集」にはモクレン科のカラタネオガタマから得られたトゲコナジラミの検鏡結果がミカントゲコナジラミ(Aleurocanthus spiniferus)らしいとされていたので、とりあえず両方の可能性がありそうだってことで「Aleurocanthus sp.」とした。
羽化させて翅の斑紋などを確認すればどちらかがはっきりすると思うが、撮影時は迷うとは思っていなかったので採集はしていない。再び同所に行く機会があったら、今度は採集してこようと思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんわ。
同種らしいというコナジラミ幼虫、検鏡結果がどうなるか楽しみに待ってます。私の方はまだ本種を撮影した同じ場所に行ってないので採集はしてませんが、他の場所でもモクレン科の葉裏を気にして探してみたいと思います。
探せばコナジラミ類は他にもいろいろ見つかるのでしょうが、相変わらず私の目にはゴミにしか見えず、なかなか出遭えていません(笑)。

No title

こんばんは。
今日、府中に行ってきまして、モクレン科のシデコブシ(ネームプレートによれば)から、トゲコナジラミの仲間を採ってきました。きっと同じ種類だと思います。
カラタネオガタマのコナジラミはとりあえずミカントゲコナジラミとしておきましたが、詳しく調べるとあるいは別種なのかもしれませんね。多食性のコナジラミのは奇妙な不連続性というのか、なぜ関係無さそうな植物にだけ付くのかっていう疑問を感じています。
FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。