スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マドチャタテ科の一種





この日、ケヤキ樹皮裏からやたら出てきたのが、上画像のチャタテムシ。成虫の外見が2タイプに見えたので、最初は2種が混在してるのかと思ったが、たぶん同種の雌雄なんじゃないかと思う。翅が水平気味の白っぽい方は、たぶん雌で、腹部が大きいために翅が開き気味になってこういう格好になるんじゃないかと推測。翅脈を見る限りだと、どうやらマドチャタテ科のようで、個人的に初見のチャタテムシとなった。幼虫の大きさがまるでバラバラだが、孵化のタイミングがずれてるのか、成長速度にバラつきがあるのか・・・・ちょっと変わり者のチャタテムシに見える。この日は他にも樹皮裏で初見のチャタテムシを見つけたが、寒い時期はチャタテムシのシーズンとあって、1日で十種類ほどのチャタテムシを撮ることが出来た(3段目右端の画像参照)。うち2種が初見だったのは、今頃は毎年虫の数が減るので虫探しに行かなくなるのと、まだ本格的な樹皮めくりを始めていない時期で、対する2種の羽化時期が今頃で、本格的な冬に入ってしまうと外に出て行ってしまうから・・・・・じゃないかなぁ? こういう発見があると、別に冬じゃなくても、ときどき春や夏なんかに樹皮をめくってみたら面白い虫が見られるのかもしれないと思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。