スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アソハネナシヒメバチ



コマユバチ類の繭上で産卵中のヒメバチを見つけた。翅が無い外見から、トガリヒメバチ亜科のGelis属と思う。「日本産ヒメバチ目録」の絵合わせで、おそらくアソハネナシヒメバチ(Gelis asozanus)だろう。寄主の記載にあったコマユバチ類としては、アオムシサムライコマユバチ(Cotesia glomerata)の名前があった。同様の黄色い繭は市街地でもたまに見かけており、周辺で見かける鱗翅類はほぼアゲハ類とモンシロチョウ、シジミ類くらいなので、たぶんこの黄色いコマユバチ類の繭はアオムシサムライコマユバチの繭なんじゃないかと思う。採集しようとしたときヒメバチ成虫は採り損ねて見失ってしまったが、繭は採集した。上手く羽化させることが出来れば、アソハネナシヒメバチの新成虫か、アオムシサムライコマユバチのどちらかが出て来るはず。もしコマユバチの方だったら、この繭が本当にCotesia glomerataかどうかを確認出来るかも。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。