イソコツブムシ属の一種



イソコツブムシの仲間は、背面に明瞭な白紋がある個体を過去に撮っている。・・・・が、今回はうっすらと起伏のある白条が見える個体群。この仲間は色や斑紋に変異が多いらしく、外見で種類を見分けるのは困難だというので、属までしか分からない。しかし、ネット上で出てくる画像の多くに一致してて、この日見かけた個体の全てが同様の外見をしていたので、おそらくこれが最普通種のスタンダードな外見なんだろうと思う。
泳いでいる姿がなかなか可愛いので動画に撮りたかったが、採集した個体は帰宅時にはお亡くなりになっていて、残念ながら動画は撮れず。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード