スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

樹皮裏サロンとモンクチビルテントウ



周囲にこれといった樹木が無かったせいか、1本の樹に様々な虫たちが集まっていた。画像はそこに居た虫の一部で、他にもいろんな別種の虫が居ました。
驚いたのは、1本の樹から30匹以上のモンクチビルテントウがボロボロと出てきたこと。あまりにも多いので最初は紋が肥大したヨツボシテントウかと思ったくらいだった(笑)。
ちなみに、自分がモンクチビルテントウを見るのは今回が初。南方系のテントウで徐々に北上してるらしく、既に都内各所でも報告例がある。これだけの数が成虫越冬してる姿を見ると、普通種になるのも時間の問題かな。




最後の画像は、モンクチビルテントウとヨツボシテントウを比較した画像(やっと写真画像で比べることが出来た)。今回、実物を見て、腹や脚の色より、顔を見れば簡単に区別出来ることに気付いた(笑)。やはり、図鑑より実物を見た方が良いな(当たり前だけど)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ジャワカ零さん、こんにちわ。
お気遣いありがとうございます。風邪にはめっぽう強く、記憶では風邪にかかった記憶が思い出せないくらいなので、ご心配なく。何とやらは風邪をひかないという諺があり・・・・ムニャムニャ(笑)。
ちなみに、虫は、一匹見つかるとどういうわけか他の場所でも立続けに見つかるようになる・・・・という事があったりします。今回、杉並区の和田掘でもモンクチビルテントウを2匹確認しました。

河川敷は年内はもう行けないかもしれませんが、冬の河川敷めぐりではまだ荒川と江戸川に行けていないので、年始には一度ずつ出かけねばなりません。まあ、見かけるであろう虫の顔ぶれはだいたい想像出来ますが、毎年の恒例行事なのでとりあえず出かける予定です。いずれは隅田川もやりたいけど、地図帳を見てても隅田川沿いって良さそうな緑地が無いんですよねぇ・・・・。

No title

こんばんは、フッカーSさん。
「24種ほど…、交尾器以外で区別するのは…」、うーむ、チョットした絶望感に包まれますね。(^ν^)

…河川敷はホント寒いですよね~。風邪ひかないで下さいヨ~。
大師橋スゴイ近いけど、今年は、ほとんど行かなかったなあ。

No title

ああ、このチャタテムシ・・・・ムツテンチャタテ属の一種 Trichadenotecnum sp. ですね。
この属は国内に24種ほど居るようで、外見がよく似ているので交尾器以外で区別するのはなかなか難しいようです。
自ブログにも掲載済みです。
http://fukker666.blog32.fc2.com/blog-category-57-10.html
他の方のブログにもときどき掲載されたりしてますが、胸部背の色が異なっていたり、翅の外縁の黒紋の見え方が違っているなど、やはり複数種が居るような雰囲気です。

No title

こんばんは、フッカーSさん
以前川崎で撮ったテントウムシ、やはりモンクチビルテントウで良かったです。
信頼できる筋から指摘されていたので、間違いはないと思ってはいたのですが…。^^;

…今チョット悩んでるのは、チャタテムシなんですよね。(・´з`・)
FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。