スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きてる虫の体表面のゴミ除去

 ←体長およそ2ミリ

カメラの性能が上がって今までより被写体に寄れるようになると、今まではさほど気にならなかった微小なゴミが気になって仕方なくなります。画像のトリミングで無理やり拡大する場合は、画像全体は大きくなっても細部は潰れた元画像の状態を引き伸ばしてるだけなので、ゴミもぼやけていたのですが・・・・・。緻密な画像が撮れるって事はゴミも明瞭に見えてしまうわけで、これは何とかしないと画像が汚く見えるし、虫の構造の一部なのかゴミなのかが分からなくなっては接写した意味が無くなってしまいます。
これが死んでる虫だったら、虫を固定して細くて柔らかいブラシで掃うか、ポンプ式のブロワーかスプレータイプのエアダスターなんかで吹き飛ばせば良いかもしれません。昆虫標本は作ったこと無いですが、たぶんそんな感じの作業をするんじゃないかと想像・・・・。しかし、生きてる虫の場合、しかもその虫が極めて小さい場合・・・・・皆さんはどうしてるんでしょうか?
自分の場合は、ブラシもブロワーもあまり有効じゃない(ブロワーなんて、虫自体がどっかに吹っ飛んでしまう・・・・笑)と感じてるので、ウェットティッシュを虫体の上に軽く乗っけてやる(体が硬い甲虫だったら、上に乗せたウェットティッシュを少し指で押さえてやる)ようにしていました。ただこの方法は、ときどき虫を破損させてしまったりするので、それだったらブラシの方がマシなのかなぁ・・・・と思ったりするのでした。まあ、結局ブラシが最適だったとしても、おそらく微小虫のゴミ除去に適した毛質とかあると思うので、そういうアドバイスも含めて、とにかく実践してる方々の意見をいろいろと聞いてみたいところです。

接写時の画面の暗さや被写体の影も課題ですが、こちらはもう少し自分であれこれ試してみたいと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

自分は昆虫標本は作ったことが無いので、そういう道具を品定めしたことも無かったのですが、ネットで少し昆虫用バネ製ピンセットを見てみたら、コレなかなか良さそうですね。
自分が今使ってるピンセットは普通に文具店なんかに売ってる金属性のピンセットで、先がL字になってるのと真っ直ぐ尖ってるのの2タイプですが、金属の厚みの分だけ虫の腹側の隙間にピンセットを滑り込ませるのが難しかったりするので、バネ製ピンセット買ってきたいと思います(笑)。
むし社に売ってるかなぁ・・・・。

No title

ハチやハエは難しいでしょうね。小さい虫は取り扱いも難しいですね。通称バネピンと呼ばれる昆虫用バネ製ピンセットは昆虫をつかむのに重宝します。標本のゴミを取り除くピンセットは先の細いものをさらにやすりでけずって使ってます。

No title

参考情報ありがとうございます。
やはり柔らかい素材を濡らして拭き取る方法が一番良いみたいですね。さすがに「ジャボン」はしませんけど(笑)。
拭き取りの際は、力の加減がなかなか難しく、一見固そうな虫が意外と柔らかくて鞘翅が取れてしまったり(ノミハムシ類に多い)、小さくて脆そうな虫が意外と固かったり(ヒメバチ類など)と、経験でしか分からないコツが多いです。
フォトショで加工は・・・・甲虫には有効かもしれませんけど、生えてる毛が同定ポイントになるようなハエの類なんかだとキビシいかもしれませんね(笑)。

No title

それでも残ってる場合はフォトショップでチョイチョイっと加工してゴミを消すときもあります^^;

No title

生きてる虫の場合、濡れたティッシュを入れたタッパーの中を歩き回らせるか、直接水にジャボンですw

標本は僕はやはり濡れたティッシュの先端をとがらせてピンセットで一つ一つゴミを取ります。
撮影よりゴミ取りのほうが時間かかります
FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。