スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虫詣で

毎年恒例の初虫撮り・虫詣では、石神井公園の1月虫チェックも兼ねて、たっぷり7時間。その結果は以下のとおりでした。




とりあえず、目的の1つが「調査」なので、目にした虫は全て撮ると決めて挑みましたが、実際は2、3種ほど撮り逃してます。そんな撮り損ね虫も含めた完全リストが以下になります。

石神井公園の虫・リスト(2015.1.3.)
--------------------------------------------(50音順)
Agnesiella aino、Valenzuela scriptus、アオグロヒラタゴミムシ、アオモンツノカメムシ/オス、アカアシノミゾウムシ、アサヒエビグモの幼体、アジアコブカタキモグリバエ、アトホシヒメテントウ、アブラムシ科の一種18、アブラムシ科の一種19、アリグモ/赤褐色型幼体、イシムカデ目の一種、イナズマハエトリ/オス、イノコヅチカメノコハムシ、ウスイロチャタテ科の一種Ectopsocus sp.、ウスキホシテントウ、ウズタカダニの一種 Neoliodes sp.、ウスバフユシャク/オス&メス、ウロコアシナガグモ幼体&オス成体、ウロコチャタテ科の一種、オオヒメグモ/オス&メス、オオワラジカイガラムシの初齢幼虫、オサムシ科の幼虫B、オサムシ科の幼虫F、オビヒメヨコバイの一種B、ガガンボ類の蛹?、キイロテントウ、キハダエビグモ、キハダカニグモ/メス、キバラコナカゲロウの繭、キマワリアシナガバエ属の一種、キンイロエビグモの幼体、クダアザミウマ科の一種A、クマダハナグモ/メス、クロスジホソサジヨコバイ幼虫&成虫、クロテントウ、クロヒメテントウ、クワキジラミ、ケシデオキノコムシ族の仲間?B、ケチャタテ科Valenzuela sp.B 幼虫&成虫、ケチャタテ科の一種A、ケヤキツヤカスミカメ、コカゲロウ科Baetis sp.A、コナカゲロウ科Conwentzia sp.幼虫&成虫、コナチャタテ科の一種A、コハナグモ/メス、シャコグモ/メス、シラヒゲハエトリ、シロオビフユシャク/オス、タケヒゲマダラアブラムシ、ダニの仲間L、タブグンバイ、タマバチ科の一種?、チャバネクロタマゴバチ、ツヅミミノムシ(マダラマルハヒロズコガ幼虫)、トビイロマルハナノミ、トビムシの一種B、トビムシの一種C、ナミテントウ・二紋型、ニホンヒメグモの幼体、ヌカカ科の一種C/メス、ノミコバチ科の一種、ノミバエ科の一種A、ノミバエ科の一種B、ハイイロチビフサヤスデ、ハエ目の一種7、ハエ目の一種116、ハエ類の蛹?C、ハチジョウヒメヨコバイ、ハモグリバエの蛹、ハラビロクロバチ科の一種、ヒゲブトハムシダマシ、ヒトフシムカデ属の一種、ヒメコバチ科Euplectrus sp.、ヒメコバチ科の一種M、ヒメコバネナガカメムシ、ヒメセマダライエバエ/メス、ヒメハナカメムシの一種、ヒメヨコバイ亜科Zygina sp.、ヒメヨコバイの一種3、ヒメヨコバイの一種4、ヒメヨコバイの一種6、ヒメヨコバイの一種10、ヒラタアブ亜科の幼虫21、ヒラフシアリ、ヒレルクチブトゾウムシ、プラタナスグンバイ、ヘリグロテントウノミハムシ、ホソチャタテ、ホソハネコバチ科の一種、マエアカスカシノメイガ、マクラギヤスデ、マダラフクログモの幼体&成体、マツノヒゲボソカスミカメ、マテバシイケクダアブラムシ、マドチャタテ科の一種 幼虫&成虫、マルハキバガ亜科の幼虫、ミジンムシsp.B、ムーアシロホシテントウ、ムツボシテントウ幼虫&成虫、ムネトゲアシブトコバチ、ムラサキトビムシ科の一種、メダカチビカワゴミムシ、モミジニタイケアブラムシ、ヤガタアリグモ/幼体?、ヤツデキジラミ、ヤナギグンバイ、ヤノイスアブラムシ、ヤノナミガタチビタマムシ、ヤマトウロコトビムシ、ユアサハナゾウムシ、ユスリカ科の一種8、ユスリカ科の一種15、ユスリカ科の一種27、ユスリカ科の一種53、ユビダニ科ウスゲユビダニの一種Neoteneriffiola sp.、ヨコヅナサシガメの幼虫、ヨツモンヒメテントウ、ヨツモンホソチャタテ幼虫&成虫、ラクダムシの幼虫、ワカバグモ/幼体、ワラジムシ、蛾の幼虫66、不明蜘蛛52、不明蜘蛛53、不明蛾の蛹O、不明・卵/樹上
---------------------------------以上127種

★ 採集した虫
アトホシヒメテントウ・・・1、クロテントウ・・・1、クロヒメテントウ・・・1、チャバネクロタマゴバチ・・・1、マダラフクログモの幼体・・・1、ヨツモンヒメテントウ・・・2、不明蛾の蛹O・・・1、不明・卵/樹上・・・3

★ 気付いたこと
これまで個体数が極めて多かったアカアシノミゾウムシが激減し、代わりにユアサハナゾウムシが増え始めた。
アキニレの樹皮裏から、ヤナギグンバイを初確認。
フユシャク類の個体数が極めて少なかった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。