スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撮影テクニック その2

CIMG5977.jpg CIMG5981.jpg CIMG5982.jpg

微小虫の超マクロ撮影時のライティングについては、いまだ試行錯誤中ですが、先の記事で提起した問題点や改善したいポイントなどは、既に全てブログ「そよ風のなかで」でも書かれていました。そよかぜさんの場合はTG-2ですが、問題点としては変わってません。具体的な内容は、素人の私が書く分かりにくい説明よりそよかぜさんのより専門的な記事を読んだ方が分かりやすいかと思いますので、以下のリンク先をご覧下さい。
http://soyokaze-jp.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/tg-2-f9b8.html
http://soyokaze2jp.blogspot.jp/2014/08/tg-2-lg-1.html
http://soyokaze2jp.blogspot.jp/2014/09/tg-2-lg-1.html
・・・・で、私もいろいろ試行錯誤しようと、そよかぜさんの記事(http://soyokaze-jp.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/tg-2-8281.html)を参考にいろいろ仕入れてきました。懐中電灯から取り出した反射板をカメラと被写体の間に置き、照明は被写体(虫)を乗せた台の下から発光。その光を反射板で被写体の上面に反射させ、明るい画像を撮ろうという試みです。
ホントは、ソニーのLEDリングライト「HVL-RL1」が買えたら良かったのですが、家電店に実際に見に行ったら値段が3万円以上・・・・・ということで、そこまでの余裕はありませんでした orz 100円グッズのLEDライトを輪っか状に並べてリングライトを自作する案もありましたが、ライトの長さの分は虫に近づけなくなりますし、距離を縮めるためにライトを斜め~横向きにすると今度は直径が大きくなったり、固定が難しくなるので・・・・・現時点でその方法は保留にしております。
でも、被写体の向こう側からの光を懐中電灯の反射板で返す方法は、野外では使えない(まあ、晴天で自然光がたっぷり入ってくれば問題はないでしょうけど)ので、曇りの日とかはいろいろ工夫する必要がありそうですが、あまり荷物になるような具合は避けたいなぁ・・・・・(そのためにデジカメを選んだというのもあるし)。

昆虫撮影術の本は・・・・・結局買っちゃったよ(笑)。でも、サラッと見た感じ・・・・・これを参考にあれこれ準備すると、タイヘンお金がかかりそう(笑)。まあ、確かにプロ顔負けのすんばらしい写真が撮れるようにはなるんだろうけど、撮った写真を売って元がとれるくらいの人じゃないと、素人ではなかなかここまでは頑張れないです。ただ単に趣味で頑張るとすれば、もうそれはハッキリと「道楽」と言えますね(笑)。っつーか、カメラマンになるか、あくまで虫を見ることが第一か、その選択でお買物の内容が大きく変わってくると思う。

ちなみに、オリンパスのカメラは初めて使ったけど、何より不便だと感じてるのが画像ファイルの「連番」の問題。今まで使ってたカシオだと、画像ファイルの番号はカメラ側で記憶されてて、メモリー内の画像を全消ししても新たに撮る画像の番号は消した画像の最後の番号からの続きになってた。しかし、オリンパスの場合、メモリー内の画像を全消しすると、新たに撮る画像のファイル番号は再び1から始まってしまう。例えば2GBのメモリーカードを撮影してて、そのカードが満杯になって2枚目のカードをセットすると、2枚目も再び1から連番が始まる。さらに、帰宅後に2枚のカード内のデータをとりあえずPCの2つのフォルダ(番号がダブってるので、1つのフォルダに入れようとすると上書きされるか、移動出来ない・・・となる)に移した後、カード内のデータを全消しし、今度は採ってきた虫の室内撮影をする(室内撮影も時には200枚以上になったりするので、それに備えてメモリーは空の状態にしておく)・・・・・と、またもや画像のファイル番号は1から・・・・・。これらの画像を最終的には1つのフォルダに納めるため、どうしても画像ファイルのリネーム作業が必要になるんだが、その枚数が(ご存知のとおり)数枚程度じゃ済まないのでタイヘンで仕方がない・・・・・・orz
ネットを回ると、この連番の問題・・・・・苦労してる方が多いようなので、メーカーさんにはそこら辺を何とか改善してもらいたいと思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

なるほど、「かぶせるような感じ」ですか・・・・。
おそらく晴天の野外、曇天の野外、室内など、環境が変わるとまたいろいろ工夫が必要になるんでしょうね。
同じカメラ使ってても撮る人によって出来上がりの画像のクオリティが全然違ったりするように、やはり腕も必要ってところですかねぇ(笑)。

No title

> ちなみに、LG-1装着時は、それ以外の設定(露出など)は通常と変更されてますか?
特に変更していません。
ただ、LEDライトはフラッシュではないので光が弱いため、虫にかぶせる感じでできるだけ近付ける様にしています。壁にとまった小さな虫だと、LG-1で閉じ込めた状態で撮ってます。

No title

AkeboNobashiさん、こんばんわ。
ちなみに、LG-1装着時は、それ以外の設定(露出など)は通常と変更されてますか?
実は自分もほぼマクロ撮影しかしないので、LG-1は必須だと思い、最初の野外撮影や室内撮影はほぼLG-1つけっ放しの状態で撮りまくったのでした。しかし、思ったより画像が暗く、試しにLG-1を外して撮影したマクロ画像の方が明るく撮れたため、個人的にはあまり有効とは思えなかったのでした(それ故に、照明を工夫することを考えたり、ソニーのリングライトが欲しいと思ったという経緯があります)。
ただ、私の場合はLG-1装着時と未装着時で、特に露出などの変更はしなかったので、暗かったのはその辺に問題があったのかも・・・・・??
うーーん、カメラはまるで素人なので、まだ光学系の理屈がよく分かってません(笑)。

ファイル名の連番の件は、やはり不便ですよねぇ・・・・。枚数を沢山撮る人ほど、この問題は大きいかと。

No title

こんばんは
TG-3買われたんですね。私も、以前はTG-2を使ってましたが、TG-3が発売になって買い換えました。
明かりに関しては、LEDライトガイド LG-1が便利です。特に小さい虫を撮影するには必須だと思います。
また、ファイル名の連番の件は、TG-2では設定で変更できたのですが、TG-3では設定項目が無くなりました。これは不便なので、ファームウェアのバージョンアップで対応される事を期待しています。
FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。