スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足立区生物園


今週はちょっくら、足立区保木間2丁目の足立区生物園に行ってみました。今まで一度も訪れたことが無かったので、一度どんな所か見ておこうと思っての訪問で、特にお目当てのイベント等があったわけでは無いです。しかし、行ってみたら「奇々怪々な「蟲」展」なる期間限定の展示コーナーが設けてあって、グロ系の虫がけっこう好きな自分はかなり楽しめました。そして、やはり足立区生物園といえば大温室&バタフライガーデンですね! ふだんフィールドで見かける蝶たちは警戒心バリバリでせわしなく飛び回ってますが、ガーデン内の蝶たちは実におっとりしててフレンドリーでした♪ 蝶がこんなにフワフワと飛ぶものなのかと、驚きと感動の小1時間でした。まさに楽園に迷い込んだかのような、素敵なひとときでした(笑)。

・・・・・が、同じネコでも屋内で飼われてる綺麗な家猫よりも屋外でしたたかに生きてる野良にゃんこが好きなのと同様、虫も野外で逞しく暮らしてる方々を探したり見たりする方が面白いと感じるようで、3時間ほどかけてひととおり見た後は生物園を出てしまったでした。その後は、生物園がある元渕江公園で虫探し。最初に公園を見たとき、園内の主な樹木がトウカエデと若そうなケヤキばかりに見えたので、「あまり虫が多そうな公園じゃぁないな・・・・」と思いました。実際、まあどこの公園でも出そうな虫の顔ぶればかりでしたが、やはり「うん。自分は虫を探してるときの方が楽しい」と再確認したのでした(笑)。はっきり言って、元渕江公園よりも、竹ノ塚駅からの道中に見つけた保木間公園の方がイイ虫が出ました。ちなみに、足立区生物園では定期的に「公園の生きもの探しツアー」なるプログラムを行っているようですが、生物園の解説員さんが実際にどんな虫をどれくらい見つけるのか、ちょっとだけ気になりました(笑)。今度、名前を伏せてこっそりプログラムに参加してみようかな・・・・・(笑)。


飼育管理されてる虫よりも気になった、生物園内のクモたち。生物園内ではカメラのフラッシュを切っていたのでピンボケ&ブレまくりです(笑)。ホントはバタフライガーデン内にも、見たこと無いヤスデ(?)やワラジムシやカタツムリなんかも居たんだけど、たぶん調べても名前分かんないからスルー。っつーか、いろんな生物が展示されてる生物園で、温室のコケの隙間や建物の壁の隅っこについつい目が行ってしまうのって、どーなんでしょうね(笑)。もう、病気だなこりゃ(笑)。
PC003463.jpg おみやげはトンボとカマキリのピンバッジ♪

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

行ってきました。
大温室は年中一定の温度や湿度が保たれていると思うのですが、今回見かけなかった蝶が居たということは、一応季節によって顔ぶれが変わったりもするということなんでしょうかねぇ。
次回は夏にでも一度行ってみようかと思ってますが、おそらく次回も、メインは生物園内よりも公園内の小虫たちになると思われます(笑)。

おはようございます。

行かれたんですね。
それにしてもいつもながら大量の小さきものたちの姿の撮影。
フッカーSさんの目ではすぐ見つけられるのでしょう。
飼われているチョウたち、やはり動きは緩慢で野性味はありませんね。仰るとおり自然の中で近づけるかどうかのやり取りのある緊張感の中での出会いや撮影の方が楽しいです。
FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。