スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリエンジュハベリマキタマバエの幼虫と寄生蜂


多摩川河川敷(世田谷区)のハリエンジュの葉縁が、くるりと内側に巻いているのを見つけました。タマバエ科のハリエンジュハベリマキタマバエ(Obolodiplosis robiniae)という幼虫が寄生する、「ハリエンジュハベリマキフシ」という虫こぶです。


虫こぶを開いてみると、体が黄白色のハリエンジュハベリマキタマバエ幼虫が出てきました。・・・・・が、幼虫にしては妙な外観の白~褐色の物体も出てきました。最初は虫の糞が何かかと思ったのですが、調べてみるとどうやらPlatygaster robiniaeというハラビロクロバチ科の寄生蜂の繭らしいことが分かりました。このPlatygaster robiniaeは、ハリエンジュハベリマキタマバエ幼虫に寄生する種類で、ネット上でも同様の画像を見ることが出来ます。そのうちこの繭から、全身真っ黒な微小クロバチが出て来るかもしれません。現在、タマバエ幼虫と寄生蜂の繭の両方を室内に置いてますが、何か変化がありましたらまた記事を書きたいと思います。タマバエ幼虫の方は、過去の同科別種の飼育経験から考えるとちょっと心配(本来は真っ白なはず・・・・。黄色くなってきてるのは弱ってる証拠?)ですが、おそらく寄生蜂の方は何匹かは羽化すると思うのですが・・・・・果たして。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。